FOKEETO IKARI

/ オフショアジギング

圧倒的な破壊強度
超高反発ジギングロッド

img01
img01
previous arrow
next arrow
ModelReel typeLength
(ft)
Lure WT
Max (g)
Line WT
(PE)
FB63-1 IKARIBait6' 3"~120PE ~1.5
FS63-1.5 IKARISpinning6' 3"~130PE ~1.5
FB63-3 IKARIBait6' 3"~170(Short) ~240(Long)PE 0.8~2
FB64-5 IKARIBait6' 4"~210(Short) ~280(Long)PE 1.5~2.5
FS64-5.5 IKARI (S)Spinning6' 4"~210(Short) ~280(Long)PE 1.5~3
FS64-5.5 IKARI (W)Spinning6' 4"~210(Short) ~280(Long)PE 1.5~3

新時代のジギングロッド

高弾性ロッドにカーボンコアを内蔵した「イカリブランク」を搭載(特許 第7061787号)

 

今までの高弾性ジギングロッドでは出来なかったロッドを思いきり立てるファイトが可能。大きな弧を描きながら曲がるイカリブランクはその反発力で魚にプレッシャーを与え、バラシを激減させることに成功。何よりこのファイトスタイルが釣りの楽しさを増幅させてくれる。

 

イカリブランクとは?

 

 

FEATURE.01
<< あらゆるジグを使いこなす >>
「今までの専用ロッド以上のパフォーマンス」
超高反発で曲がりこむアクションはあらゆるジグの操作性を飛躍的に向上させた。
ジグのフォールが重要となるスローピッチアクションから、狭いヒットレンジの中でのショートピッチ、ロングジグのスタンダードなワンピッチなど、喰わせるための確実なアクションを演出する事が出来る。
今まではそれぞれの釣り方に専用ロッドを必要としていたが、フォキートイカリはそれらの釣りで今までの専用ロッド以上のパフォーマンスを発揮する。
従来の高弾性ジギングロッドよりもロッドが曲がった後の復元力が強く、ルアー操作に重要なロッド復元の初速が圧倒的に早い。これは喰わせるジグアクションを行う上で非常に重要な要素である。
そして超高反発により少ない力でジグをシャクる事ができる為、一日の釣りを通して体力的に楽なロッドに仕上がっている。
またリールとジグをつけた時のバランスを重視して設計されており、実釣時の持ち重りが軽減されているため正確で安定したジグアクションが続けられる。

FEATURE.02

<< ロッドを立ててファイトできる >>
「驚異的な破断強度によって安心感のあるファイトが可能に」
通常の高弾性ジギングロッドでは破損のリスクを感じるようなファイトでも、フォキートイカリは破損する不安感を感じずに思い切ったファイトが可能となる。
負荷に応じて曲がり込んでいくこのロッドは曲がり込むごとにトルクのあるロッドパワーを発揮していく。
ロッドを立てることで魚の引きに対して追従するようにロッドが曲がり、常に魚にプレッシャーを与え、魚に主導権を与えない。
ロッドがアングラーの筋肉のごとく働くことで、体力の消耗を軽減し、より大きなターゲットの捕獲率を向上させる。

 

 

 

FEATURE.03

<< 細号数ラインが使用できる >>
「ラインへのダメージをロッドが吸収する」
本来ロッドはファイト時のラインに与えるダメージを吸収する役目を果たす。
しかし強度に不安が有る高弾性ロッドでは、ロッドを真下に向けた「綱引きファイト」を余儀なくされ、ロッドが全くロッドとしての役目を果たさない。そのため、ラインやリールにかかるダメージが直接的で大きくなり、ラインブレイクやリール破損のリスクが高くなる。
しかし、イカリはロッドを立てる事で魚の引きをロッドが吸収し緩和してくれる為、ラインに与えるダメージが少なくなり、より細い号数のラインを使用することが可能となる。
深場や潮流の早いポイントなど細号数PEラインを使わなければならない場面にも最適なロッドとなっている。

FEATURE.04

<< ハンドルオフセット >>
「利便性とパワー伝達の重要セクション」
ハンドルオフセットにすることで140cmを切る仕舞い寸法に設計。持ち運びが便利になり、遠征時など、飛行機への搭載や運送が可能となり様々なフィールドへ挑戦する事ができる。
また、リール等タックルをセッティングしたときに持ち重りの無いバランスをとる為のバランサーハンドルとしての役割も果たす。重心のバランスは使用感や疲労感を左右する非常に大きなポイントである。
そしてハンドル部分の剛性を上げる事でジグアクション時・ファイト時のパワー伝達もスムーズになった。生み出されたパワーをロスなくブランクに伝える事によって、楽にシャクれ、パワーファイトにも余裕を生み出せる。

 

FEATURE.05

<< 格段に疲れにくい >>
「ロッドがアングラーの体力消耗を軽減する」
上記の特長の説明でも有るように、ロッドがあらゆる面において体力の消耗を軽減させてくれる。

ジグ操作における、反発力を利用したより少ない力で行えるジグアクション。
ファイト時における、ロッドパワーを生かしたより少ない力でのファイト。
疲労を軽減させるための重量バランス。

長時間の釣行や数釣り、大物とのファイトなど、一日を通しての体力消耗が全く違ってくる。

 

 

FEATURE.06

<< 必要不可欠な重量 >>
「本質的な使いやすさを追求した答え」
パワーゲームも必要となるジギングにおいて、ロッド自体の軽量化を重視しすぎる事で実釣での重要な要素が崩れてしまっている風潮がある。
当然の事であるがロッドだけではジギングは成立しない。
ゼナックはロッド自体の過剰な軽量化を図るよりも、リールやジグと共に使用する事での本質的な使いやすさが最も重要であると考えた。

・一日シャクっても疲れないタックル全体での最適な重量バランス
・不安感無く使用できる十分な強度
・ターゲットを釣り上げるための十分なパワー
これら実際の釣り一連の動きにおいて必要な要素を融合してフォキートイカリは完成した。
フルタイムの釣行でもアングラーの負担を体力的にも精神的にも最小限に抑えることができる。


 
取扱い上の注意点
リーダーとPEラインのノットについて
FOKEETO IKARIは今までの高弾性ジギングロッドよりも格段に強度の有るブランクに仕上がっています。
ロッドを強く曲げてしゃくる事やロッドを大きく曲げてのファイトや取り込みを可能にしました。
しかしこの為、ブランクよりもガイドのほうに破損が起こる可能性があります。

リーダーとPEラインのノットについて
特にスピニングモデルではガイドがロッドの下側に付いている為、ジグの回収時や魚の取り込み時においてノット部分が強いテンションでガイドに当たりKガイドフレームが手元側(垂直以上)に曲がる可能性が有ります。
ノット部分の段差が小さく仕上がっていれば問題ありませんが、小さな衝撃でもガイドに頻繁に当たればガイドフレームの変形が起き、ひどい場合はガイドフレームの破損にも繋がります。
リーダーとPEラインのノット部分は極力小さく段差の少ない方法でご使用下さい。
イカリは細号数PEライン・リールのサイズダウンをすることで、ブランク特性を活かして繊細な釣りが出来るように、ガイドサイズも小径セッティングを採用しています。
ライントラブルやガイド破損などを少なくする為にもノットの仕上げには十分にご注意下さい。

スピニングモデルのラインの負荷について
スピニングモデルの場合は常にラインによる下方向への負荷が掛かる為、Kガイドは形状的にもフレームが垂直方向に変形しやすいです。
しかしジギングにおいて、垂直方向への変形は性能上問題ありませんのでガイドが変形しても「元に戻さずに」そのままご使用ください。
元に戻す事を繰り返すとガイドフレームの金属疲労による破損に繋がります。

各モデルの推奨使用ライン
FB63-1 IKARI PE MAX 1.5号 ショックリーダーMAX 30lb
FB63-3 IKARI PE MAX 2号 ショックリーダーMAX 40lb
FB64-5 IKARI PE MAX 2.5号 ショックリーダーMAX 50lb
FS63-1.5 IKARI PE MAX 1.5号 ショックリーダーMAX 30lb
FS64-5.5(S) IKARI PE MAX 3号 ショックリーダーMAX 50lb
FS64-5.5(W) IKARI PE MAX 3号 ショックリーダーMAX 70lb

  • Light Jigging

    FB63-1 IKARI

     
    • Length: 6'3" / Jig: ~120g / Line: PE ~1.5
      推奨PE MAX 1.5号 ショックリーダーMAX 30lb
      推奨リールサイズ : 100~300
    • 青物・根魚・タチウオ等 ~6㎏クラスを対象
    商品説明
    ハイピッチ、ワンピッチ、スローピッチ、あえて重めのジグを使いジグアクションを抑える使い方などにも対応。
    ブランクは適度なハリを持ち、曲がる中にも芯があるイカリブランクは不意の大物にも安心感のあるファイトが可能。
    多魚種が狙えるライトジギング、タチウオジギングなどにも。
    イカリブランクについて詳しくはこちら
  • Light Jigging

    FS63-1.5 IKARI

    • IKARI Blank

    • Offset Handle

    • Hexagonal Palming Grip

     
    • Length: 6'3" / Jig: ~130g / Line: PE~1.5
      推奨PE MAX 1.5号 ショックリーダーMAX 30lb
      推奨リールサイズ : 汎用 3000~5000
    • 青物・根魚等 ~6㎏クラスを対象
    商品説明
    スピニングリールの利点を活かしキャストして広く探ることが可能なモデル。
    あえて重めのジグを使用しスローに誘うなど、イカリブランクの復元力もしっかり感じる。様々なターゲットに対しても高い適応力で多魚種が狙えるライトジギングにも性能を発揮する。
    イカリブランクについて詳しくはこちら
  • Bait model

    FB63-3 IKARI

    • IKARI Blank

    • Offset Handle

    • Hexagonal Palming Grip

     
    • Length: 6'3" / Jig: ~170g(Short) ~240g(Long) / Line: PE 0.8~2
      推奨PE MAX 2号 ショックリーダーMAX 40lb
      推奨リールサイズ : 1000~1500番 / 10~15番
    • 青物・根魚等 3~10㎏クラスを対象
    商品説明
    近海エリア 潮流の早い浅いエリア 青物・根魚・タチウオなど
    スロー系ジグ、ショート&セミロングサイズのコンビネーション、ロングジグを細号数のPEラインで使えるテクニカルなモデル。
    イカリブランクについて詳しくはこちら
  • Bait model

    FB64-5 IKARI

    • IKARI Blank

    • Offset Handle

    • Hexagonal Palming Grip

     
    • Length: 6'4" / Jig: ~210g(Short) ~280g(Long) / Line: PE 1.5~2.5
      推奨PE MAX 2.5号 ショックリーダーMAX 50lb
      推奨リールサイズ : 1500~2000番 / 15~35番
    • 青物、マグロ、根魚等 5~10kg overを対象
    商品説明
    近海~遠征 100m以深やヘビージグが必要な潮流の早いエリア 青物・中型~大型根魚など
    スロー系ジグ、ショートからセミロング、タチウオパターンなどロングジグのワンピッチなど海域を選ばないスタンダードなモデル。
    イカリブランクについて詳しくはこちら
  • Spinning model

    FS64-5.5 IKARI (S)

    • IKARI Blank

    • Offset Handle

    • Hexagonal Palming Grip

     
    • Length: 6'4" / Jig: ~210g(Short) ~280g(Long) / Line: PE 1.5~3
      推奨PE MAX 3号 ショックリーダーMAX 50lb
      推奨リールサイズ : SW 5000~6000
    • 青物、マグロ等 5~10kg overを対象
    商品説明
    近海~遠征100m以深の深場から浅場の横引き、ショートジグハイピッチからセミロングのコンビネーション、ロングジグのワンピッチ、100m以深の「どてら流し」にも対応できる。ベリーにパワーを持たせた多彩なロッドワークが可能なモデル。
    イカリブランクについて詳しくはこちら
  • Spinning model

    FS64-5.5 IKARI (W)

    • IKARI Blank

    • Offset Handle

    • Hexagonal Palming Grip

     
    • Length: 6'4" / Jig: ~210g(Short) ~280g(Long) / Line: PE 1.5~3
      推奨PE MAX 3号 ショックリーダーMAX 70lb
      推奨リールサイズ : SW 5000~8000
    • 青物、マグロ等 5~10kg overを対象
    商品説明
    FS64-5.5 (W)は、さらに攻略の幅を持たせるために「70lbクラスの太いリーダーが選択できる」「浅場攻略のアンダーハンドキャストも可能」「一番手大きなリールも難なく使える」ようにガイドセッティングを見直した。もちろん高感度を活かしながらも高強度と高反発を最大限に発揮できるヘビーデューティー仕様にブラッシュアップしたモデル。
    全てチタンフレームSICリングのダブルフットガイド、ガイド口径もワンサイズあげて、フィッシングスタイルや釣り場、対象魚によってさらに最適な選択ができるようになった。
    イカリブランクについて詳しくはこちら